遺産相続なら【シクロス司法書士事務所】へ

成年後見

そこのあなたこのようなことで悩んでませんか?

成年後見とは

認知症や知的障害・精神障害などにより判断能力の低下した方の利益のため、財産管理や契約等の法律行為を行うこと本人に代わって行う制度です。家庭裁判所から選任された後見人等が、本人の代理人となって支援します。
本人の判断能力の程度により「後見(判断能力が全くない)・保佐(判断能力が著しく不十分)・補助(判断能力が不十分)」の類型があります。
司法書士は、本人の親族以外では最も多く選任された専門職後見人等であります。

司法書士がする業務

法定後見制度を利用する場合

・後見・保佐・補助開始の申立書の作成やそのお手伝いをします。
・後見人・保佐人・補助人として、ご本人を支援します。

法定後見制度を利用しない場合

現在はしっかりしているが、将来的に判断能力が不十分になったときに備える制度。
・依頼人の方と「任意後見契約」(見守り・任意代理・任意後見)を締結し、ご依頼人の判断能力が衰えると任意後見人として支援します。
・死後の事務委任契約を締結すれば、葬儀・埋葬等の死後事務などご依頼人を最後までサポートします。

成年後見

法定後見制度を利用する場合

裁判所が決めた額です。
1年に一回、支払うことになります。

  • 無料相談受付中
  • 遺産相続
  • 成年後見
  • 法人登記
  • 不動産登記
  • 多重債務
  • その他裁判事務
事業案内

〒540-0033
大阪市中央区石町1丁目2-1
天満橋スカイハイツ608号

TEL; 06-6945-1054
FAX; 06-6945-1053

  • YOU社会保険労務士事務所
  • 総合紛争解決センター
  • 法テラス